つばめタクシーニュース

タクシーメーターと時代の変遷

2020/08/20

皆さんご承知のとおり、タクシー車内には、料金を算出する為の

「タクシーメーター」という機器を搭載しています。

このメーター器で走行時間と距離を計算し、運賃を算出します。現代のメーター器はボタン式ですが、昔は機械式メーターで、レバーを横倒しにすると計測が開始されたようです。「メーターを倒す」という表現は、その頃からなのでしょうね。

当社にも昭和40年代のタクシーメーター器を保存、展示していますが、それらを見ていると、時代の変遷を感じると共に、長年利用して頂いている事に感謝の気持ちが沸いてきます。

皆さん、いつもご利用ありがとうございます。